妊活サプリ・葉酸サプリ大全

40代女性におすすめの妊活サプリとは?成功の秘訣は卵子の質?

適齢期に出産するのが当たり前だった昔と違い、現代女性は仕事を頑張っているうちに、あるいは独身を謳歌しているうちにいつの間にか40代になってしまった、ということもありますよね。

もちろん40代でも子どもを授かり、元気な赤ちゃんを出産する女性はたくさんいますが、20代・30代と比べるとかなり確率が低くなることも事実です。

 


それでも赤ちゃんがほしい!という女性のために、40代女性が妊活するために知っておかなければならないリスクやその原因、そして授かりやすい体にしてくれるおすすめのサプリメントについて徹底解説します!



年々増えている40代での妊娠・出産

 

40代,妊活,サプリ,卵の質

 

厚生労働省によると、2014年の1年間で40歳〜44歳までの女性が赤ちゃんを出産したケースは49,606件にも及ぶというデータがあります。

1995年にはたったの12,472件だったことを考えると、20年間のあいだに約37,000件も増えたことになりますね。

 

現在ではさらに出産の高齢化が進み、すでに3人に1人が高齢出産を経験する時代となっています。

女性の晩婚化が進んでいるのはもちろんですが、20代で結婚してもすぐに子どもを作らない夫婦も増えて、今では第一子の平均出産年齢が30歳を過ぎているということから見ても、20代のうちに順調に子どもを作るケースのほうが少なくなっていくのかもしれません。

 

「今すぐ妊娠したい」という女性も、「今すぐではないけれど将来的に子どもを授かりたい」という女性も、不妊の原因と対策を知って、今日...

 

今20代や30代前半の女性も、これからのライフプランを考える上で、高齢出産について知っておくことはとても大切なことです。

ですが、実は「高齢出産」という言葉の定義はあいまいで、1993年までは初産が30歳以上なら高齢出産だといわれていました。

そこから年々女性の初産年齢が上がるとともに「初産なら35歳以上、2人目以降なら40歳以上」が一般的な定義となっていったのです。

 


もちろん医学が進歩して、不妊治療で子どもを授かる夫婦も増えていますが、女性の肉体的な出産適齢期が変わるわけではありません。

まずは、20代・30代と違い40代の妊娠・出産にはどんなリスクがあるのかについて詳しく知っておきましょう!

40代で妊娠・出産するリスクとは?

 

40代,妊娠,出産,リスク,妊活,サプリ

残念なことに、40代での妊娠・出産はそれ以下の年代に比べて様々なリスクの確率が跳ね上がります。

40代だからこそ人間的に成熟し、子育ても落ち着いてうまくできるという精神的なメリットも大きいですが、実際に産み・育てるからには、リスクから目を逸らすわけにはいかないのが現実でしょう。

 

自然妊娠の確率が低くなる

 

自然妊娠は、一体何歳まで可能だと思いますか?35歳までならすぐに可能で、40歳でも今は大丈夫でしょ?と思う女性も多いかもしれません。

ですが、実は30代前半の健康な男女が1ヶ月間のあいだ性交渉をして自然妊娠できる可能性は、約15%〜20%だといわれています。

そして30代後半で約10%、40代では5%以下となります。

 


もちろん性交渉を行う期間が長くなるほど成功率も上がっていく傾向にありますが、それでも30代前半からすでに自然妊娠の確率は徐々に低くなっていくというのは厳しい結果になりますね。

その原因は、卵子の質と量の低下にあるといわれています

 

女性の卵子の数は出生児で約200万個あり、それが30代から急激に減少、40代になると数千個にまで少なくなることもあります。

さらに、年齢と共に卵子も老化していくため、精子と出会っても受精しにくくなっていく、あるいは染色体異常を持った、質の悪い卵子が増えてゆくのです。

日頃から糖質を摂りすぎないように気をつけている人は、体だけでなく卵子も若々しさを保つことが出来るのです。ここではそのメカニズムと、糖化を防ぐ...

とはいえ、自然妊娠をあきらめる必要はありません。後述しますが、今は卵子の老化を食い止める栄養素も次々と発見されています

現在40代でこれから妊活をする場合は、今日からすぐにでも卵子のケアを始めてください。

 

妊活サプリの決定版!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】



流産の危険が高くなる

 


年齢と共に卵子も老化していくことはすでにお話しましたが、それによってたとえ妊娠できても、残念ながら40代では流産の危険性も高くなります

 

流産の確率を年齢別に比べると、

 

  • 10代〜20代で約7.5%
  • 30代前半で約8.5%
  • 30代後半で約13%
  • 40代で約24%

 

になります。

 

40代では5人に1人以上が流産してしまうという確率は、決して低い数字ではありません。

流産の原因としては、卵子の質が落ちているということ以外にも、胎児の染色体異常や母体のホルモン分泌異常などがあります。

いずれにせよ、流産のほとんどが妊娠から12週目までに起こっているので、40代以上で授かった女性は、とくに妊娠初期は絶対安静だと覚えておいてください。

 

胎児の染色体異常の危険性が高くなる

 

流産の原因でも触れましたが、卵子の老化によってダウン症18トリソミーなどの染色体異常の確率が高くなります。

とくにダウン症は母体の年齢が大きく関係していて、母親が20代の場合では1200分の1の確率なのに対して、40歳では100分の1の確率にまで跳ね上がるという結果になっています。

また、染色体異常だけではなく心臓の異常などの先天的な疾患や、口唇・口蓋裂などの奇形の確率も高くなる傾向にあります。

 


必要以上に敏感になるのは良くありませんが、こういった危険性が高いという事実があることを、パートナーとしっかり話し合った上で妊活、産後は協力しあえる準備をすることが大切です

 

40代の妊活でできることとは?

 

40代,妊活,サプリ,リスク,ダウン症,不妊

40代での妊活・妊娠にはリスクがつきものだということがわかりましたが、それでもより健康に、元気な赤ちゃんを産むために今日からできることはたくさんあります。

 

妊娠力を高める栄養素を摂る

 

40代に関わらず、妊娠を望むすべての女性は、毎日の食事に気を配る必要があります。

ジャンクフードやコンビニ弁当などの添加物が大量に入った食品をできるだけ避けて、栄養バランスの摂れた食事を摂るようにしましょう。

それに加えて重要なのは、30代・40代の女性は不妊や流産の原因となる卵子の老化を防ぐために、以下のような栄養要素を積極的に摂ることです。

 

  • コエンザイムQ10
  • α-リポ酸
  • ビタミンE

 

これらの栄養素は、どれも強い高酸化作用で卵子の老化を防いでくれます(∩´∀`)∩

 

また、胎児の染色体異常や奇形を防ぐ効果のある葉酸も、30代・40代の妊活には必要不可欠です。

 


とはいえ、食事から妊活に必要な栄養素を十分に摂ることは難しいので、サプリメントなどもサポート役として活用するようにしましょう!

 

※コエンザイムQ10、αリポ酸、ビタミンEも含まれた妊活サプリなら↓

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】



ストレスをためない

 


40代の妊活には、ストレスが大敵になります。30代までと違って、タイムリミットが迫っているという不安や、なかなか結果が出ない焦りを感じないという人はいないと思います

 

ですがそういった精神的な負担がかかると、女性ホルモンのバランスが崩れ、生理不順や排卵機能の低下を引き起こします

それによって、余計に妊娠しにくい体になるという悪循環に陥ってしまうのです。

ストレスを感じないというのは無理かもしれませんが、パートナーと心身ともに協力し合って妊活を行える環境を作ることで、不安は半減します。

「妊活は女性が頑張るもの」という意識をやめて、2人でクリニックに通ったり、心配なことを気軽に話し合えるよう日頃のコミュニケーションを忘れないようにしましょう。

 

妊活サプリは、妊娠を望んでいる女性の強い味方です。しかし、不妊の原因は男女ともに存在し、その割合はなんとほぼ50:50であるという研究結果が出て...

 

40代の妊活におすすめのサプリは「マカナ」

 

40代,おすすめ,妊活サプリ,マカナ,αリポ酸,卵子の質,コエンザイムQ10

厚生労働省は妊娠1か月前からの葉酸サプリ摂取を推奨していますが、40代での妊活にはさらにプラスαで「卵子の質」「子宮の状態を整える」「ホルモンバランスを改善」するなどの準備が必要です。

そんな40代での妊活カップルに非常に人気が高い妊活サプリが「マカナ」。

 


マカナについては次の項で簡単に説明していますが、もっとくわしく知りたい!という方は以下のバナーの公式ページか当サイトのレビュー↓をご覧ください(*‘∀‘)

 

今月から2人目妊活を始めた私は、この気になるマカナを飲み始めたところです!(※追記:2018年9月、奇跡の2人目自然妊娠が判明!) ...



マカナが40代妊活におすすめのサプリなわけ

 

マカナ,40代,妊活,サプリ,効果,卵子の質

 

マカナは、子どもを授かるために必要な栄養素をすべて含んでいて、さらに卵子の老化を防ぐ効果も期待できる、まさに40代女性にはぴったりなサプリメントです。

 

すでに妊活中に摂るべき栄養素としてご紹介した「コエンザイムQ10」「α-リポ酸」「ビタミンE」などの卵子を若々しく保つ栄養素がすべて配合してあり、胎児の奇形を防ぐ「葉酸」も、厚生労働省が指定した量がしっかり含まれています

 

さらにイライラを解消する効果のある「GABA」や「カルシウム」、精神を安定させ胎児の脳の発達を促す「DHA・EPA」も配合されているので、メンタル面でのサポートもしっかりしてくれます。

これだけ申し分の無い栄養素を含んでいて、続けやすい価格だというのも嬉しいポイントです(∩´∀`)∩

 

コース 価格 1袋あたり
単品購入 6,580円(税込・送料無料) 6,580円(税込・送料無料)
定期便コース 初回3,980円(税込・送料無料)

2回目以降5,980円(税込・送料無料)

初回3,980円(税込・送料無料)

2回目以降5,980円(税込・送料無料)

ご夫婦協力コース 7,480円(税込・送料無料) 3,730円(税込・送料無料)

 


もちろんこれから子供を授かる女性が安心して毎日飲めるよう「無添加」「放射能&残留農薬検査済」と、安全性にもこだわっています。

女性が授かるための体作りを徹底的に応援してくれるマカナ、本気で妊活したい40代女性におすすめです!

 

妊活サプリの決定版!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

https://www.hoshigaoka-hp.com/maca/

40代での妊娠は妊活中が決め手

 

40代で妊娠・出産する女性は年々増えていて、たとえ高齢出産でも不妊治療で子どもを授かるケースも多くあります。

40代での妊活は肉体的な不安も大きいですが、逆に「経済的に安定している」「精神的な成熟」という、子育てにおいてはかなり重要なアドバンテージがあるのもたしかです。

 


またそれに関連して「40代の両親から生まれた子供の知能指数はそれより下の世代の子より高い」という研究結果もありますから、ストレスをためるよりは楽しみに、40代だからこそのメリットもあるのだという気持ちで妊活できるといいですね(*‘∀‘)

 

ですが、20代・30代に比べて自然妊娠できる確率はかなり低くなるというのは紛れも無い事実です。しかも妊娠したあとも流産や赤ちゃんの染色体異常など、大きなリスクがあるということも忘れてはいけません。

その事実をきちんと受け止めたうえで、後悔のないよう妊活に力を注ぐのが重要です。

マカナなら栄養素も安全性も完ぺきで、40代妊活の柱となる

 

  • 卵の質
  • ホルモンバランス
  • 子宮の状態を整える

 

これらをすべてカバーしてくれる、まさに妊活サプリのナンバーワンだといえます。

今日からでもきちんとご自身とパートナーのコンディションを整えて、ベストな状態で来るべき赤ちゃんを迎えられるようにしましょう(∩´∀`)∩

 

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!→※2018年9月自然妊娠が判明(^^♪)した私。 ...

関連記事

産後すぐ妊娠しても大丈夫?二人目の妊活はいつから始めるのがベスト?