妊活サプリ・葉酸サプリ大全

不妊症の原因と対策方法とは?正しい知識で妊娠しやすい体になろう!


結婚してもなかなか子どもを授かれない夫婦が増えているなかで、不妊症について正しい知識がある人は実は少ないのではないでしょうか?

元気な赤ちゃんを授かるためには、妊娠を妨げる原因をしっかり認識しておくことも大切です

 

今すぐ妊娠したい」という女性も、「今すぐではないけれど将来的に子どもを授かりたい」という女性も、不妊の原因と対策を知って、今日から妊娠しやすい体作りをしていきましょう(*‘∀‘)



不妊症の定義とは?

 

不妊生,定義,対処法

 

不妊症とは、健康な男女が性生活を1年以上行っても妊娠しない状態のことをいいます。

晩婚化が進み、今では10組に1組の夫婦が不妊症と診断されている世の中ですから、パートナーがいる女性は2人でライフプランについて話し合うことが大切です。

不妊治療は始めるのが早いほど成功率が高くなるので、現在35歳以上で妊活をしている女性は、半年以上子どもを授からない場合は不妊検査を受けることを検討しましょう。

 


もし「自分が将来妊娠できるか不安がある…」という場合は、以下の項目をチェックしてみて下さい

 

  • 生理痛がひどくて、痛み止めが手放せない
  • 生理不順や不正出血がある
  • 過去に性病にかかった経験がある
  • 子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の疾患をもっている
  • 35歳以上である

 

当てはまる項目が多いほど、不妊症の傾向が強くなります。

日頃の生活を気をつけるとともに、定期的な婦人科検診も忘れずに受診して、妊娠できる体を作ることが大切です。

不妊症の原因とは?

 

不妊症,原因,排卵,卵管,妊活

女性が妊娠するためには体のさまざまな生殖機能がトータルで関わってくるので、そのどれかひとつが欠けても妊娠は難しくなります。

ここでは、不妊症の原因となる代表的な疾患について解説します。

 

排卵に問題がある場合

 

不妊症のなかで排卵に問題があるケースは全体の約20%になります。

 

正常な場合、毎月の月経の約14日前に排卵が起こり、排出された卵子が精子と受精することで妊娠します。

ですが月経不順や無月経がある場合は、正常に排卵が起こらない場合があります。

ただ稀に正常に月経があるにも関わらず排卵が起こらないケース(無排卵月経)もあるので、明確に診断するためには基礎体温をつけ、病院で検査を受ける必要があるでしょう。

過度なダイエットや肥満、栄養不足、そしてストレスなどが原因だといわれているので、毎日の食生活やメンタル面でのケアが重要になります。

 

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】



今月から2人目妊活を始めた私は、この気になるマカナを飲み始めたところです!(※追記:2018年9月、奇跡の2人目自然妊娠が判明!) ...

 

卵管に問題がある場合

 

不妊症のなかで卵管に問題があるケースは全体の約30〜40%になり、もっとも多い不妊要因となります。

 

何らかの原因で卵管が狭くなったり詰まってしまうと、精子と卵子が移動しにくくなり受精の妨げとなります。また、癒着により完全に卵管が塞がってしまうと、妊娠は起こりません。

クラミジアなどの性感染症で卵管が詰まったり、子宮内膜症などの疾患で卵管周辺の組織が癒着してしまうことが主な原因として挙げられます。

 


治療には外科手術が必要なケースも多くなりますが、それでも改善しない場合は体外受精の適応となります

 

子宮に問題がある場合

 

子宮に炎症や癒着などの異常があると、たとえ受精に成功しても受精卵が着床できないため、不妊の原因になります。

原因は子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患から、先天的な子宮の形態異常までさまざまなケースが考えられます。

 


治療の方針も多岐に渡りますが、腫瘍やポリープがある場合は、摘出手術を行って経過を見ます

 

その他の原因

 


不妊の原因は複雑に絡み合っていることも多く、すでに挙げた主な原因以外にも多くのケースが考えられます

 

時には、生殖器には何の問題もなくても、体の検疫システムに異常があり、体の中に入った精子を敵と見なして抗体で攻撃してしまう、なんていうケースもあります。

さらに検査をしても何の異常も見られない原因不明の不妊も、全体の11%を占めるといわれています。

いずれにしても、不妊の可能性がある場合は自己判断はせず、まずは不妊科専門医に相談するようにしましょう。

 

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】
赤ちゃんが欲しいけれどなかなか妊娠しないという方は、不妊治療を検討してはいかがでしょうか。 不妊治療の...

 

不妊は女性だけの問題じゃない

 

不妊,男性,原因,精子,マカナ

「不妊症=女性の問題」という認識はまだまだ根強くありますが、詳しく検査をしてみた結果、実は男性側にも問題があったというケースが多くあります。

 

WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊原因の割合としては、

 

  • 女性だけが原因の場合は40%
  • 男性だけが原因の場合は25%
  • 男女両方に原因がある場合は24%

 

となっています。

 

つまり、49%の男性に何らかの問題があったということですね。

不妊の原因のまさに半分は男性にあったというわけです(;・∀・)

この結果からも分かるように、不妊検査は女性だけが受けるものではなく、パートナーである男性と一緒に受けてこそ意味があるのです。

 

また女性の卵子の老化と同じように男性の場合も、年齢とともに子どもができる可能性は低くなります。

精子の質が落ちたり数が減ることで受精しにくくなったり、性機能そのものに問題が起こることも当然あります

日頃から糖質を摂りすぎないように気をつけている人は、体だけでなく卵子も若々しさを保つことが出来るのです。ここではそのメカニズムと、糖化を防ぐ...

また、もともと精子が全くない無精子症や、精子の通り道がふさがってしまい射精はできても精子が排出されない精路通過障害なども考えられるので、子どもを授からない場合は男性側もしっかりとした検査を受けるようにしましょう。

 

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】
妊活サプリは、妊娠を望んでいる女性の強い味方です。しかし、不妊の原因は男女ともに存在し、その割合はなんとほぼ50:50であるという研究結果が出て...

 

妊娠しやすい体になるには

 

妊活,不妊,マカナ,方法

 

子どもを授かるためには、定期的な検診を受けて重大な疾患を見逃さないことが重要ですが、それ以外にも毎日の生活の中でできることはたくさんあります。

まずは妊娠できる体の土台を作ることから始めましょう(*´ω`)

 

無理なダイエットは絶対にNG

 

不妊の大きな原因として、過度なダイエットが挙げられます。とくに若い女性は「シンデレラ体重」を目指して断食に近いダイエットをしている人も多いようですが、BMIが19未満の低体重は不妊の可能性が高まることを覚えておいてください。

 

かといって極端な肥満も不妊症の原因になるので、もっとも妊娠しやすい標準体型をキープすることが大切です。

毎日バランスの良い食事を摂ること、そして妊娠のために必要なビタミンや鉄、亜鉛、カルシウム、葉酸を意識して摂るようにしましょう

 

食生活だけでは難しい場合は、サプリメントも利用して必要な栄養素を積極的に摂る工夫をしてみて下さい。

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】



タバコは不妊のリスクを高める

 

喫煙は生殖機能に害を与えることが分かっています。

ニコチンは女性ホルモンの分泌を阻害するため、喫煙している女性は、そうでない女性に比べて妊娠するまでの期間が1年以上になる可能性が30%も高くなるといわれています。

もちろん男性の生殖機能もタバコによって衰えるので、妊娠を望む人は男女ともに禁煙するようにしましょう。

 

ストレスをためない工夫をする

 


女性は仕事や家事に毎日忙しくしているため、自分の時間が取れずにストレスをため込んでしまうことも多いと思いですよね。

でも過度なストレスはホルモンバランスを崩し、生理不順や無月経を引き起こします

 

また、男性も仕事のストレスなどで性機能障害になるケースがあり、セックスレスや不妊の原因となることがあります。

たかがストレスと侮らずに、自分なりの解消法を見つけたり、パートナーと協力して楽しめる趣味を見つけてストレスをため込まない生活を心がけましょう。

 

※ストレス軽減に効果的な「GABA(ギャバ)」も配合!

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

性感染症の検査は定期的に受ける

 

不妊の原因として、クラミジアや梅毒、性器ヘルペスなどの性感染症が挙げられます。

また、ウィルスに感染したまま気付かずに妊娠すると、お腹の赤ちゃんの視力や聴力などに影響が出たり、流産の危険性も高くなります

 


「性感染症なんで自分には関係ない」と思う人も多いかもしれませんが、最近では18歳から19歳の女性の10人に3人はクラミジアに感染しているというデータもあるほど身近な病気なのです

 

なかには症状が出にくく、長期間自覚症状がない場合もあるので、パートナーが変わった時は必ず検査を受けるようにしましょう(*´з`)

 

不妊は自分自身とパートナーの心身の健康を見直すチャンス

 

不妊,サプリ,妊活,男性,原因

 

不妊症の原因にはさまざまな原因があること、お分かり頂けたでしょうか?

女性の生殖器官の異常や疾患で不妊になることもあれば、男性側の生殖能力や疾患が原因なケースもあります。

大切なのは、自己診断せずに専門医に相談すること、そしてパートナーと協力し合える関係を作ることです。

 


そして将来妊娠を望んでいる女性は、定期的に検診を受けることはもちろん、毎日の食事などの生活習慣を整えたりストレスをためない工夫をして、いつでも妊娠できる体作りをしましょう!

 

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

 

6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!→※2018年9月自然妊娠が判明(^^♪)した私。 ...
これから元気な赤ちゃんを授かりたい妊活中の女性に人気のサプリメント、「kodakara(コダカラ)」と「makana(マカナ)」。 ...

関連記事

人工授精(AIH)で妊娠できる確率は?費用や治療の流れなど、気になる疑問を徹底解...

不妊の原因は夫:妻で50:50!妊活サプリを夫婦で飲むメリットとデメリット

不妊治療の種類や進め方概要

子宮内膜が薄いと妊娠しにくいって本当?厚くするには?

卵子の老化には糖化が関係している!そのメカニズムと対策法とは?