星ヶ丘厚生年金病院
文字サイズ 大 標準 小
病院のご案内
スポーツ整形外科


■当科の特色

スポーツ整形外科は、現役スポーツ選手やスポーツ愛好家の方々において、スポーツ活動中に生じる四肢および体幹(つまり、首から下)の運動器(骨、筋肉、腱、靭帯、軟骨、神経などの組織)の「けが」の診断、治療を行っています。下肢(膝や足関節)は濱田医師、米田医師が担当して診療にあたっています。また、上肢(肩や肘関節など)の「けが」を樋口医師、西本医師が担当しています。関節手術では最新の鏡視下手術が可能であり、より低侵襲の治療を提供しております。また、多くの医師が、以下のような各種スポーツ大会の大会医師や、スポーツチームのチームドクターなど病院の外でも積極的に活動しています。

  • 全国高校野球選手権(甲子園)大会ドクター
  • 世界スーパージュニアテニス選手権大会協力ドクター
  • 全日本ジュニアテニス選手権協力ドクター
  • アメリカンフットボール X league1部 吹田マーヴィーズ チームドクター
  • アメリカンフットボール X league2部 クラブベアーズ メディカルサポート
  • アメリカンフットボール X league3,4部 春季トーナメント ゲームドクター
  • アメリカンフットボール X league3,4部 秋季リーグ戦 ゲームドクター
  • 大阪府高校 アメリカンフットボール 春季大会 ゲームドクター
  • 大阪府高校 アメリカンフットボール 秋季大会 ゲームドクター

2010年9月8日のスポーツ報知に当科の濱田医師の記事「こどものスポーツ障害予防」についての記事が掲載されました。

Get Adobe Reader
Adobe Reader をお持ちでない方は上記からダウンロードしてください。


■スポーツによる「ケガ」とは?

「けが」が生じる原因別にみるとスポーツ外傷と、スポーツ障害(使いすぎ)に分けることができます。スポーツ外傷とは、スポーツ活動中に一回の外力により、急に生じるもので、骨折や捻挫(靭帯損傷)、半月板損傷、脱臼などがあります。

一方、スポーツ障害(使いすぎ)には、繰り返す微小な外力が積み重なって生じるもので、疲労骨折、投球障害肩、野球肘、ジャンパー膝などがあげられます。

実際に診察してみると、骨折は比較的少なく、靭帯、軟骨、腱などの損傷が多く見られます。このため、レントゲン撮影のみで診断できることは少なく、正確な診断には、詳細な診察やMRI(磁気共鳴画像)などの画像診断を駆使する必要があります。

同時に、スポーツの種目や競技年数など、患者さんのスポーツ歴の把握も重要です。このようなことで、従来では「肩をこわした」とか「膝をいためた」、「ねんざした」などと、十羽一絡げにされてきた「けが」が、靭帯、半月、腱、あるいは関節唇損傷であるなどと損傷された組織が特定されより正確な病態把握が可能となってきました。


■どのような治療をする?

治療方法としては、保存的治療と手術的治療の2種類に分類できます。たとえば、使いすぎに対しては、適切な安静と、ストレッチングやアイシングなどの自己管理の指導を行います。再発を防止する種々の手立てについても指導します。

一方、いくつかの「けが」では、保存的治療ではスポーツ復帰が見込めず、手術が必要な場合があります。当科では、肩、肘、膝、足などの関節の「けが」の場合、関節鏡を積極的に活用し、低侵襲で、正確な手術を行っています。

最新の関節鏡視下手術の進歩と共に、従来では治療が困難でスポーツからの引退を余儀なくされてきた疾患についても、治療が可能となり、スポーツ復帰できる可能性も広がりつつあります。

リハビリテーションもスポーツ復帰には重要です。幸い当院にはスポーツ整形外科に関する専門的な知識を持つスタッフが勤務しており、また、設備においても広い体育館のスペースとcybexとよばれる筋力評価訓練機器も備わっています。

われわれのモットーは、当たり前の事ですが、「早期診断、早期治療」です。なかなか前医では正確な診断がつかず、いたずらに治療期間が長期となる患者さんをみるにつけ、早い時期に正しく診断し問題点を明らかにしたうえで、適切な治療を行いスポーツ復帰への可能性を最大限に追求することが、われわれの務めであると考えています。


■当科の診療担当医

診療担当医 専門・認定等
院長補佐
手術部長
濱田 雅之
Masayuki Hamada
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
医員
西本 竜史
Ryuji Nishimoto