星ヶ丘厚生年金病院
文字サイズ 大 標準 小
病院のご案内
リハビリテーション科


■当科の特色

  • 理学療法士が脳卒中には早期から歩行の独立を考えた訓練を行い、脊髄損傷には車椅子生活の自立を援助し、老人の骨折などには術後早期から離床を図り、寝たきり予防などに努めています。
  • 作業療法士が急性期のベッド上のADL指導から機能訓練、更衣、排泄、入浴などの生活自立の援助に努めています。
  • 言語聴覚士が失語症には理解や表出などの訓練を、構音障害には発生や発語器官の訓練を行っています。
  • 対象疾患は脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、整形外科疾患、神経筋疾患、呼吸器疾患、発達障害等です。
  • 入院の場合は、専門科及びリハビリテーション科で治療・病態管理をしながら集中的、専門的リハビリテーションを行います。
  • 外来の場合も専門科及びリハビリテーション科が通院でリハビリテーションを行います。いずれの患者さんについても主治医とリハビリテーション医、リハビリテーションスタッフの協議や評価会議を通して、チームの意見統一を図ります。

■当科の診療担当医

診療担当医 専門・認定等
部長
矢田 定明
Sadaaki Yata
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
部長
伊藤 泰司
Taiji Ito
  • 医学博士
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 日本医師会認定産業医