星ヶ丘厚生年金病院
文字サイズ 大 標準 小
病院のご案内
形成外科


■当科の特色

  • 形成外科では外傷、腫瘍、整容の各分野について様々な疾患に対応しています。
  • 外傷の分野では顔面を中心とした軟部組織損傷や顔面骨骨折、熱傷などに対して一般の外来だけでなく救急対応も行っています。
  • 腫瘍の分野では身体各部位の皮膚腫瘍や顔面骨骨腫瘍、眼窩内腫瘍、耳下腺腫瘍などが対象疾患です。
  • 整容の分野では唇裂や多指症などの先天異常、外傷や手術後の瘢痕(きずあと)拘縮(引きつれ)、眼瞼下垂などが対象疾患です。
  • その他にも、皮膚潰瘍、褥瘡(床ずれ)、陥入爪(巻き爪)、腋臭症(わきが)、臍突出症(でべそ)なども形成外科で扱う疾患です。
  • 美容医療に関しては自費診療での対応となります。

■男性型脱毛症の治療について

形成外科外来では平成22年11月より男性型脱毛症(AGA)の治療を始めました。
診察、内服薬の投与、副作用のチェック、植毛術などを医療として継続的に行います。
お問い合せ、ご予約は形成外科外来までお電話ください。

※AGA治療は保険外診療となりますのでご注意ください。


■当科の診療実績

過去の手術件数内訳
手術名 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年
熱傷 3 0 2 6
顔面損傷 34 31 28 29
四肢損傷 6 3 12 18
先天異常 7 2 5 1
良性腫瘍 194 216 168 143
悪性腫瘍 5 7 10 10
瘢痕拘縮、ケロイド 20 45 33 36
軟治性潰瘍、褥瘡 13 35 44 28
その他整容 32 30 32 30

■地域の先生方へ

外傷、熱傷以外にも感染創など急を要する疾患に対しては救急対応も可能ですので、地域医療連絡室に御一報下さい。


■当科の診療担当医

診療担当医 専門・認定等
部長
廣田 龍一郎
Ryuichiro Hirota
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 大阪医科大学形成外科臨床教育准教授