星ヶ丘厚生年金病院
Google

WWW を検索
サイト内検索
放射線部

1階受付
1階放射線受付

地下受付
地下放射線受付

放射線部は、当院の掲げる医療理念に基づき、安心して検査を受けていただけるように、次の5つの項目を目標としています。

  • 丁寧な検査及び親切な対応
  • 機器の保守管理の徹底
  • 医療法の遵守に基づく検査環境の安全確保
  • 最新技術への取り組みと被ばく線量の低減
  • 病診連携の充実

私たちは、常勤放射線科医師2名、放射線技師24名、看護師5名、事務員7名がチーム一体となり邁進しています。今春より女性技師も3名となり、マンモグラフィ検査などへの対応がより充実します。

放射線技師の専門性が問われる中、各分野で資格・認定を取得しています。

  • 第1種放射線取扱主任者
  • 第1種作業環境測定士
  • 検診マンモグラフィ撮影認定技師
  • 胃がん検診認定技師
  • 放射線治療専門技師
  • 放射線治療品質管理士
  • 医療情報技師

さまざまな検査について、地域医療機関と連携し、高度医療機器の共同利用を行っています。地域医療連絡室へご相談ください

放射線部で行われている検査は多岐にわたり、それぞれの検査によって撮影室・検査方法・所要時間・注意事項等が異なりますので、各部門ごとに紹介させていただきます。

X線撮影室
胸部
腹部
骨
  • 胸・腹部撮影室
  • 骨密度測定室
  • 断層撮影室
  • 小児撮影室
  • 乳腺撮影室
  • 骨・一般撮影室(2室)
  • 泌尿器撮影室
  • デジタルX線撮影室(泌尿器系)
  • デジタルX線撮影室(消化器系他)
  • 画像サーバ室

当院のX線検査は、デジタル画像で各診療科にX線写真を提供しています。オーダリングシステムを中心としたRIS・PACSが導入され、撮影した画像情報を画像サーバに蓄積し、随時参照画像やレポートの検索・閲覧が行えます。また、画像がデジタル化されたことで医療被ばくの低減と、良質なX線写真の提供ができるようになりました。患者様には、今まで以上に安心して検査を受けていただけます。

当院の乳腺撮影(マンモグラフィ)は、高感度かつ高精度の装置を使用しており、乳腺の細かなところまでよく写ります。マンモグラフィ精度管理中央委員会からマンモグラフィ検診施設として認定され、高い評価を受けています。

小児撮影も高画質の装置を使用し、これまでより少ないX線量で撮影を行っています。

CT室
X線CT
  • CT室1:64列MDCT
  • CT室2:4列MDCT

平成19年1月よりCT室が改装され、4列と新たに導入された64列の2台のマルチディテクターCTで運用しています。検査も一度の息止めで、胸からお腹の下まで撮影できるようになり、患者様にとっては非常に楽に検査を受けられるようになりました。

また、64列CTの導入にともない、画像の3D構築が簡単に素早く行えるようになり、心臓の検査もできるようになりました。当院のCT室スタッフは、患者様が気軽に短時間で検査を受けていただけるように、いつも心がけていますので安心してお越しください。

MRI室
MRI
  • MRI室1:1.5テスラMRI
  • MRI室2:1.5テスラMRI

平成19年4月より稼動いたしております新型MRI装置。検査中の音が大変静かになり、寝台内部も広く、検査をお受けになられた方からは、「これなら安心して受けられます。」との、お言葉をいただき、たくさんの患者様に喜ばれております。

従来までの狭い空間・耐えがたい騒音・長い検査時間・造影剤への不安など、患者様の様々な不安をこの新型MRI装置は大幅に軽減させています。また、放射線被曝がないため、繰り返しの検査やお子様の検査にも安心です。

新しい装置では、頭部〜頸部・下肢動脈などを非造影にて撮影可能です。また、急性期脳梗塞の検出能が高く、悪性病変の検索に有用的といわれるdiffusion imageも積極的に撮像いたしております。もちろん非造影であり非侵襲的な検査です。

MRIの予約につきましては、現在2台体制で検査を行なっており、朝9時から夕方18時半まで患者様のご都合に合わせて検査予約を承っており、ご希望に沿った予約日時もお取りしやすくなっております。

また緊急患者様や痛みの強い患者様には、出来る限り早い検査予約を提供できるように取り組んでおります。病診連携でご紹介いただいた患者様には、検査結果およびフィルムを、その場にてお渡しもいたしますし、後日放射線技師によるお届けもさせていただいております。

血管撮影室
血管撮影
  • 血管撮影室

カテーテルという細い管を血管内に挿入し造影剤を使って体内の血管を写す検査です。血管を写すことで多くの病気の原因や状態を観察できます。また、直接抗がん剤を投与したり腫瘍血管を塞栓しがん細胞を壊死させる治療も行っています。

核医学検査室
核医学検査
  • 核医学検査室

核医学検査は主にガンマ線を放出する薬を使います。この放射性医薬品をからだの中に入れ、目的の臓器に集まったところを検出します。そして、各臓器の働きや病気の有無を調べます。投与される放射性医薬品は微量で人体への影響は心配ありません。

放射線治療室
放射線治療室
  • 放射線治療室

エネルギーの高い放射線を利用して、主に悪性腫瘍などの治療を行います。精度の高い治療計画を行い、対象臓器の機能や形態を温存できるという、大きな特徴があります。

健診センター
胸部撮影室
  • 胸部撮影室 1室

肺がん検診時に使用される胸部撮影装置です。

X線TV
  • X線TV室 3室

胃がん検診時に使用されるX線テレビ撮影装置で、バリウムを飲用して胃全体の状態を観察します。

乳腺撮影
  • 乳腺撮影室 1室

乳がん検診時に使用される乳腺撮影装置です。

生活習慣病は、自覚症状がない場合がほとんどです。これが、進行すると治療してもなかなか完治が困難です。総合的な健康診断や人間ドックなどが必要で、定期的な受診をおすすめします。放射線部では主に、胸部X線撮影、胃透視、乳腺撮影を行っています。

詳しくは、健診センターのページをご参照ください。

このページのTOPに戻る

星ヶ丘厚生年金病院